<作品33>『スペインの情熱と絆』

スペインの情熱と絆

『スペインの情熱と絆』
著者:キャロル・マリネッリ
定価:710円(税込)
ISBN:978-4-596-22327-2

書籍詳細ページへ

【編集部より】
一度は消えかけた愛の炎。再び燃やすことは難しいけれど、決して不可能でもない。いつしかぎくしゃくしてしまった関係を修復しようと、照れやプライドを捨てて触れ合い、愛を伝え合う美しい時間を覗いてみてください。

試し読み

「子どもたちはどうした?」きちんと片づいた静かな居間を見て、サヴは眉を上げた。CDプレイヤーからは落ち着いた音楽が流れ、テーブルではキャンドルの火が揺らめいている。アイラはわずかに息をはずませながらテイクアウトの白い容器を受け取り、慣れないハイヒールでキッチンへ向かった。

「寝たふりをしてるわ」急に恥ずかしくなり、アイラは肩越しに振り返って答えた。サヴは上着を脱いでネクタイをゆるめている。結婚して九年の間には、数えきれないくらい一緒にカレーを食べたし、絵に描いたような結婚生活とはいえないまでも愛の営みは続けてきたのに、なぜ初めてデートをするみたいに緊張しているの?

「ワインを開けようか」サヴが言ったが、アイラはカウンターに置かれた二つのグラスを身ぶりで示した。片方の縁には口紅がついている。高ぶった気持ちを抑えようと先に飲んでみたものの、まったく役に立たなかった。アイラは震える手でライスを皿に盛り、チキンのカレーをすくってかけようとした。「こぼさないでくれよ」サヴがからかって、盛りつけを引き継いだ。妻の興奮ぶりには気づいていないようだ。

それとも、気づいているのかしら?

続きを読む

書籍詳細ページへ

35周年スペシャルページに戻る