<作品23>『愛に濡れた人魚姫』

愛に濡れた人魚姫

『愛に濡れた人魚姫』
著者:ティファニー・ライス
定価:216円(税込)
ISBN:978-4-596-42162-3

書籍詳細ページへ

【編集部より】
「人魚姫」が「人間の女」になるとき、彼女は王子に処女を捧げ、永遠の愛を誓う。初めて知る痛み、そしてエクスタシーとともに……。翻訳者&編集者イチオシの、美しくも切ないエロティカ。

試し読み

「今夜もようこそ、ムッシュー・プリンス」

振り向くと、後ろにキングズリーが立っていた。今夜の彼は多少モダンなスーツ――黒のアルマーニ――を着ていた。髪は昨夜のようなポニーテールではなく、下ろしたままだ。名の知れた男の貴族風の顔は、まぎれもなくぴりぴりしていた。

「ミスター・エッジ、また来いとジーニアに言われたんです。かまいませんよね?僕はただ彼女と話がしたいだけです」

「もちろんだとも。おれのマーメイドたちはここの従業員であって、囚人ではない。会いたい人には誰でも会えるようになってる。このメモを君に渡してほしいと、ジーニアに頼まれたよ」キングズリーは、水滴のしみがついた海のように青い紙切れをデレクに手渡した。

「メモ?」

続きを読む

書籍詳細ページへ

35周年スペシャルページに戻る