<作品20>『さよならシンデレラ』

さよならシンデレラ

『さよならシンデレラ』
著者:バーバラ・ウォレス
定価:710円(税込)
ISBN:978-4-596-22332-6

書籍詳細ページへ

【編集部より】
出会った当初は喧嘩っぽくても、同じ目標に向かって歩むうち、いつの間にか“好き”になっていた二人。ほろ酔い気分の楽しい時間にいっきに距離が詰まる、恋の勝負どころが描かれたドキドキの名シーンをどうぞ!

試し読み

マイクは反論しようと口を開いたが、ロクシーは手を振ってさえぎった。終わってみないとわからないのはもちろんだけれど、私からすれば、今日のところはマイクは勝ったのだ。私の信頼を勝ち取ったのだから。

そしてたぶん、私の心も。

ロクシーはデスクから滑り下り、床がぐらりと傾いた気がしてはっとした。変ね。

マイクに対する気持ちが単なる感謝以上のものなのか考えるのは今日三度目だ。“三度目の正直”という言葉が頭に浮かぶ。

ロクシーは窓辺に行き、マイクの隣に立った。目の前の夜の闇と背後の明るい蛍光灯の光の間で顔が陰になっている。悲しげで、悔やんでいるような横顔だ。ロクシーはマイクの前に体を滑り込ませ、窓際のヒーターの上に座った。「どうしたの?突然謙虚になったりして」

「事実を言っただけさ。人の手柄を横取りするのはいやなんだ」

「誰の手柄だっていうの?」

続きを読む

書籍詳細ページへ

35周年スペシャルページに戻る