<作品18>『プレイ・ゲーム』

プレイ・ゲーム

『プレイ・ゲーム』
著者:ミーガン・ハート
定価:216円(税込)
ISBN:978-4-596-42148-7

書籍詳細ページへ

【編集部より】
美しいゲイの同僚、ディーンからエロティックなゲームをしかけられたケイティ。受けて立つか否かは彼女しだい――。本場アメリカのエロティカ・ジャンルで大躍進中の作家が贈る官能のゲーム!

試し読み

いつまでもこんなことをしていたって、何も始まらないわ。ケイティは自分に腹が立ってきた。私のこと、どう思ってるの、と彼に訊きたい。私はあなたが電話で話してくれる物語の登場人物と同じ、あなたの心の中の住人にすぎないのかしら、と。あなたの声を聞いていると自然に笑みがこぼれてくるの、と彼に伝えたい。もっとあなたと親しくなりたい、と打ち明けたかった。

ジミーが彼女の肩越しにカウンターへ目をやった。「コーヒーのお代わりをもらってくるよ。君は?」

ケイティは首を振った。「ううん、私はいいわ」

脇を通り過ぎるとき、またしてもジミーが彼女に触れた。肩に手を置き、ほんの一瞬、指で彼女の肩をつまんだ。その瞬間、張り詰めていたケイティの感情の糸がぷつんと切れた。

続きを読む

書籍詳細ページへ

35周年スペシャルページに戻る